事業概要

事業概要
推進体制
各研究室
プロテオグリカンとは
事業報告
HOME
お問い合わせ

世界初の生成技術から生まれる新素材「プロテオグリカン」

弘前エリアにおけるプロテオグリカン応用研究拠点の構築を目指す

 弘前大学医学部高垣教授と青森市の商社である株式会社角弘によって、人体の軟骨を構成する物質の一つである「プロテオグリカン」をサケの鼻軟骨から高純度、低コストに大量精製する世界初の技術を開発いたしました(日・米・露特許取得)。

 この技術を活用し、国内有数の糖鎖工学研究実績を有する国立大学法人弘前大学と産業界による共同研究「プロテオグリカン応用研究プロジェクト」を開始いたします。

サケ

「弘前都市エリア産学官連携促進事業」

プロジェクトをしっかりサポート

 このプロジェクトは、平成16年度から18年度の3カ年、文部科学省「都市エリア産学官連携促進事業」を活用して行われます。

 具体的には、弘前大学の横断的な研究組織である「弘前大学プロテオグリカンネットワークス」を中心に、県内外の企業や産業支援期間との連携による応用化・実用化に向けたシーズ・ニーズ調査、研究交流会等の開催、可能性試験の実施等を行っていきます。

国立大学法人弘前大学医学部医学科生化学第一講座